忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 06:28 |
使命感
なんだか最近...っつか、7月から閑散期な小波やでやんす。

今年はほんとなら閑散期の1月2月にちょろっと忙しくさせてもらったり

5月にヒマくらったり

6月にどかーんっと忙しかったり

なんだか客足の読めない年なんだよね〜。


っで、まー小波やのヤツらもそれなりにヒマに慣れてきて

昨日あたりも7時すぎまでノーゲストで

そっからちょろっとお客さん入ってくれたら大パニックなカンジでやんす


これを「低レベル」っという言葉で片付けて

すこたまモンクたれてやるのは簡単ですが。


でもどーなんだろーね〜??

おれもてーげー7年もやってるとだんだんオトナになってくるもんで

ちょっと違う角度から見れるようになってきてるかなですが。


やっぱりそこに足りないものは

仕事に対する使命感ってヤツなんじゃねーかと。


ここでおれが言う「仕事」ってヤツは.....まーここに限らずいつもの事ですが

せっかく小波やに来てくれたお客さんが

「おれ、今日小波や行ってほんと良かったわ」
「また明日も頑張るべ!」

って思いながらフトンに入ってくれる事です。

それがおれらの「仕事」です。


そのために店をキレイにし、仕込みをし

営業中は肉を出し、ドリンクを出し、お皿を下げ、洗いもんをし

一生懸命にお客さんのいろんな事に気付き行動し

お客さんが満足してくれるためにありとあらゆる事をします。


店をキレイにする

それはただただ掃除をすりゃーいいって話じゃなく

今日ここに座ってくれるお客さんのまだ見ぬ顔をリアルに想像してこそ

こまかい場所まで気付くはずだし本気で本当にキレイにできると思います。

それが「使命感」です。


肉を出す

それはただただオーダーされたものを間違いなく出しゃーいいって話じゃなく

オーダーをくれたお客さんが女性であれば少し薄めに小さめに切ってやるとか

それが子供であれば、少し辛みをおさえてあげるとか

お年寄りであれば、少し薄味にしてあげるとか

そんな事ができるはずだし、オーダーミスもありえません。

それが「使命感」です。


ドリンクを出す

それはただただオーダーされたものを出すんじゃなく

たとえば黒霧島の水割りのお客さんが、もう何杯もおかわりしてたら

そろそろ通常の濃さじゃ、薄く感じちゃうかも? って思ったら

焼酎の濃さを1回確認してもらって、薄いって言われたら少しくらい焼酎足してあげるとか

ちっちゃい子供が飲むヤツにストローっくれーつけてあげないなんて、もってのほかだし

それが「使命感」です。


お皿を下げるでも洗いもんでも

ちゃんと全部食っていただきありがとうございます

の気持ちを持って下げてるか

次にこのお皿を使う人の気持ちになって洗ってるか

それが「使命感」です。


その使命感ってヤツをきっちり持って仕事してるかしてないか

おれも見りゃわかります。


....ってー事は

お客さんは、おれなんかよりもっとわかるんです。


だってお客さんはゼニを払う立場なので。


小波やのビールが税抜き450円です。

コンビニやスーパー行けば200円で買えるもんです。

その差額250円は、どっからくるのか

そこ考えれば仕事に対する「使命感」に欠けるなんてカッコわりー話です。


朝仕事から営業から片付けまで

ただただ仕事を流してないか

お客さんの事、仲間の事、考えた仕事をしてるのか

自分の大切なお客さん

自分の大切な仲間

裏切ってねーか

アマったれてねーか


もっかいよく考えろです










拍手[1回]

PR

2010/08/14 09:50 | Comments(0) | TrackBack(0) | きもち

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<お約束 | HOME | ヒマにつき>>
忍者ブログ[PR]