忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/15 22:55 |
しょくれき#らすと こぴぺ
で、おれが会社辞めた時
◯八真綿の卒業生達が立ち上げてたいろんな会社から
けっこうなオファーをいただいたんですが。

まーちょっとだけ手伝ったりもしたんですが。

おれはもう数字の世界にも疲れてたんで
またまた当時の「Q J」っという求人誌に乗ってたメッキ工場に就職したんです。

まーそのお話はまたいつか


そこの会社が今までで一番長く働いた会社なんです。

なんで??


それはそこの会社の会長さんがいるんですが。
必ず1日2回現場をまわって、社員1人1人に声かけてくれるんです。

で、いつも言ってる事があるんですが。

「どうや?給料安いが?」
「まーしょうがねっスよ〜〜」
「会社がもうからないうちは、おめ達の給料も上げらんねんだ」
「だがら、頑張って会社もうけさしぇでけろ」

おれ、会社入ったばっかの頃
会長さんにそれ言われた時はカルチャーショックでした。

オトナになった今、考えれば当たり前なのかもだけど

おれはそれまで会社の事考えて仕事した事なんてなかったんです。
自分のゼニは自分で稼ぐもんだと思ってたから

そのための会社だと思ってたから

店長だった時もおれの店のヤツらは身内だっただけで
身内のゼニはおれら身内が稼ぐしかなかったわけで
それだけの会社でした。


でも必ず1日2回現場をまわって声かけてくれて
おれみてーな入ったばっかのヤロっこでも、ちゃんと名前覚えてくれて

残業だった次の日は
「昨日はご苦労さん。今日はだいじょうぶか?疲れてないか?」

って、なんで昨日おれが残業って知ってるの〜〜??
みたいなあったかい会長さんが大好きだったから。

そんなあったかいエラい人は◯八さんには1人もいなかったから。

おれ、産まれて初めて「この人のために」仕事してみてーなって思ったんです。
まーボンボンのバカ社長は、ほんとに「バカ」社長だったんですが


..って

なんかメッキ屋さんの話はまたいつかって言ったのに長くなっちゃったす〜。





まーこの職歴シリーズもこれで最終回です。

◯八さんにいた時もいろいろあったけど
いろんな町に行って、いろんな出会いがあったけど

でも、その中でおれのワークスタイルとして確立されてる事は

    結果が全て

これにつきます。


男の子なんで結果出してナンボです。
結果出してこそ、言葉にも本当の経験が出るし、迫力も出ます。
またその結果が、いつか自分の男の子としてのプライドになります。

でも、その結果出せるのは

いつもいつでも自分を磨く努力を続ける事ができた者だけです。

人として間違ってるヤツは
どんなにセンスがあっても結果にはつながりません。

人としての義理人情が、また出会いを産み、それが強い人脈となり
また素晴らしい結果につながります。




そんな事を教えてくれた羽毛布団の訪問販売でした。




〜おしまい〜























小波や「公式だったり公式じゃなかったりするLINE」
ID「conamiya

















拍手[1回]

PR

2016/02/19 09:51 | Comments(0) | ひとりごと

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<どくりつへのひとりごと | HOME | しょくれき#8 こぴぺ>>
忍者ブログ[PR]