忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/25 20:21 |
ホルモン焼き
昨日のメルマガでちょっと書いた事があり
昨日のお客さんから、ちょっと反応があったので
今日は少し詳しく書いてみますね。

まず、おとといのお客さんから
火が弱いのクレームをめいっぱいいただきますて〜。
いや火が弱いのは、エンリョなく言ってくれていーんです。
焼肉屋で一番ムカつく事
それは肉が焼けない事っすからね〜。
なので、火が弱いのはエンリョ無く言ってくださいね。

でも、火が弱くなるとか火が消えちゃうのには原因がありますて
一番の原因は、ホルモンを一気にドバーっと網に乗っけちゃう事なんです。
...気持ちはわかるんですけどね〜。

で、焼けねーからって、さらに網の上に乗っけちゃうと
これは炭火にとっては致命傷になっちゃうんです。

七輪の構造上、空気の通り方っつーのがありますて
下の窓から空気が入り、炭火の上昇気流で上から抜けて行く事によって
常に新しい空気が炭火に供給される構造になってます。

それが網の上がホルモンでいっぱいだったらどーでしょう?
そりゃー空気の抜け道が無くなっちゃいます。
そーなると、新しい空気が炭火に供給されなくなり
酸欠で炭火はどんどん勢いが無くなっていきます。
で、さらにホルモンの水分が炭火にいっぱい落ちるワケっすよ。
当たり前に消えちゃうんだよね〜〜

よく聞くのが、粋でいなせなホルモンの焼き方に
皿からドバーっと網の上にホルモン流すやり方って聞きますが
あのやり方はガス焼きに限ります。
炭火でそれやったら、間違いなく火が消えます。

さらに七輪って、水に非常に弱いんです。
七輪が水分含んじゃったら、次に火を入れた時に割れちゃうんです。
だからほんとは「火消し氷」なんつーのもやりたくはねーんだけど
でもこれはお客さんの安全のためにしょうがねーって事で。

まーちょっと話がそれましたが
七輪の炭火でホルモン焼く時の注意事項として
「一気にドバーっと網に乗っけない」
って事があります。
上から空気が抜けるスペースさえ作ってあげればだいじょうぶです。

特に時間で決まってる食い放題コースだと
ちょっとアセっちゃったりするかもですが
でもだいじょうぶ!
小波やの場合、間違いなく!ハラいっぱいにして帰してやりますから!☆
心配しないでゆっくりじっくり
肉はしっかり焼いて食え!!
っで、お願いしますね








YOU SO め る ま が?
小波やの夜露死苦べいびー☆
登録/解除はこちら
毎日!メルマガ読者限定のオゴリありっ!!


「繋」 by REVOLATOR
http://www.geocities.jp/revolator1979/page034.html
復興に願いを込めて

拍手[0回]

PR

2011/05/26 13:44 | Comments(0) | TrackBack(0) | 店のはなし

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<作成中 | HOME | 応援歌>>
忍者ブログ[PR]