忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/22 04:35 |
職歴#4
で、おれだけおいしい昼メシ食って

午後からは他の先輩方と同じように白石市内まわったんですが。

おれは本日のノルマはカルくクリアしちゃっていたので

例のお客さんノートを作るために、また本気で売らない回り方をやってました。


毎日毎日売上げは午前中に立てちゃって

午後からはお客さんノートのために1件1件ほんとに時間かけて回りました。


正直このやり方は会社からはいい顔されなかったんです。

だっておれのお客さんノートっつーのは「見込み客」のノートです。

会社の考え方は見込み客は存在しないので

1件入ったら確実に売上げにつなげていくやり方です。

見込み客なんていくら作っても意味がねー!って何回も言われたんですが

でもおれ、売上げあがってるもん


結果が全てのこの羽毛布団の訪問販売の会社の中で

おれよりも数字が下の人は、おれのやり方に何のモンクも言えないんです。

そのかわりおれより売ってる課長さんクラスには思いっきりいわれましたが


でもおれ、ぜってーいつかこの893みてーな課長さん達よりも売れるようになる自信があったんです。


なんで??


それはおれ、買ってくれたお客さんには必ず礼状を書き

必ず用事が無くても定期的に顔出してたんです。

いや最初はね、買ってくれたらフツーに嬉しいじゃないすか〜?

そしたらありがとうのハガキ1枚書いたっていいじゃない??

近く通ったら顔出したっていいじゃない??

っの気持ちでした。

ただそれだけの事でした。


そーすっとね〜

フシギな事にお客さんが、また他のお客さんを紹介してくれるんだよね〜〜

その頃にはおれ、車両1台預けてもらってたので

他のみんなが「今日はどこ行く? あそこはまだ1ヶ月しかたってねーし...」なんて言ってる時に

おれの車両は「今日はどこ行く? あそこにもここにも呼ばれてんだけど〜」っという車両でした。


おれはまだ駆け出しだったので

車両長の肩書きしかもらってませんでしたが

売上げはとっくに課長さん達の中でもトップクラスの売上げでした。


会社には売上げは認めてもらってましたが

売り方は相変わらず認めてもらえず

たまに部長室に呼ばれて説教くらってましたが



で、かなり調子にのってたある日

支店長室に呼ばれ、一番丁支店の転勤を言われました。


当時イケイケで伸びに伸びてたその会社は

全国に支店展開をする事になり

それにあたり、各支店のトップセールスマンが集められ

市場調査をかねての、要は切り込み隊です。

それはウルトラA店と呼ばれ

その会社の社員は「おれもいつかはウルトラA店に!」って頑張ってたんです。


一番丁支店はそのウルトラA店の集まりでした。

「仙台に変わった売り方でガンガンに売ってるハタチやそこらの車両長がいるらしい」

っという噂を聞きつけた本社の抜擢だったそうです。

それから「会社の言う事きかねーで、どこまでやれるかやらせてみろ」っと言う事だったそうです。



まーおれもあこがれのウルトラA店だったので1つ返事で一番丁支店への転勤を受け

一番丁支店に出社しました。


したらだ〜〜れもいねーでやんの〜〜???


で、支店長が1人事務所にいて

「今から米沢におまえ乗せてくから」

...って、えええええ〜〜〜〜〜っ???



....ですよね〜〜〜

切り込み隊のウルトラA店ですもんね〜〜〜

当たり前にドサまわりっスよね〜〜


こりゃ〜おウチ帰れませんよね〜〜〜〜



〜つづく〜








拍手[1回]

PR

2010/10/20 12:51 | Comments(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ありがとう | HOME | 職歴#3>>
忍者ブログ[PR]