忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 17:53 |
ぶたれば?
厚生労働省は20日、飲食店などで豚の肉と内臓を生食用で提供・販売することを禁止する方針を決めた。


 同日開かれた薬事・食品衛生審議会の調査会の検討結果を受けたもので、牛の肝臓(レバー)と同様、中心部までの加熱を義務化する。内閣府食品安全委員会への諮問などを経て、早ければ年内にも食品衛生法の規格基準に盛り込まれる。違反した場合、2年以下の懲役か200万円以下の罰金の刑事罰が科されることになる。

 2011年に起きた焼き肉チェーンでの集団食中毒事件を受け、同年10月から牛肉のユッケなど生食用牛肉の加工基準が厳しくなり、12年7月からは牛生レバーの提供が禁止された。こうした規制を受け、代わりに豚生レバーを提供する店が目立つようになった。東京都食品監視課によると、こうした店は都内に少なくとも100店程度あるという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

っとおれ、この業界にいてて知らなかったんだけど
6月20日にこんなニュースがあったそうで。


これ、マジなんかーー?



豚さんのレバーはぜってー!ヤバいぞ?!

....牛さんのレバーはだいじょぶですが....(笑


豚さんも牛さんも育て方も飼料も全然違います。

で、レバーと言われる肝臓部分は
人間様でもそうなんだけど

身体の中の悪いものを浄化する、大事な臓器です。


っつー事はだよ?
その悪いものが集まってくる肝臓を生で食う事には
本当にリスクがありんす。


ただ、その肝臓部分の中でも

悪いものが集まってくる部分と
浄化完了からのキレイな部分と
そんなふうに別れてるもんです。


昔は牛さんのレバーに限り
屠畜場のオジサンの目利きで、いい部分だけを取り出して
それが刺し用レバーとして出まわったんですが

今はそんな事もしてないそうで。



豚さんのレバ刺しなんてマジでもってのほかっす!
みなさん本当に危険なので、絶対に手出しちゃダメっす!


とにかく牛さんと豚さんは育て方の違いがあり
牛さん、特にブランド牛に関しては
病気になられても、コスト的にも大変な事になるので
衛生面では本気で気をつけて育ててるんです。


そんな風に育てた牛さんのレバーじゃないと危なくて食えません。


ちなみに豚さんはブランド豚でも、そこまでの注意を払って育ててないので
そのレバーは食中毒の原因菌だけじゃなく寄生中の危険もありんす。


なのでみなさん
マジで豚レバーの刺しはやめましょう!




...それにしても、なんだってまた

牛のレバ刺しが禁止になったからって
豚のレバ刺しを出す気になったのか....??


怖い時代っすねーー















拍手[0回]

PR

2014/06/25 10:04 | Comments(0) | 店のはなし

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ぎざぎざ | HOME | ちなみにおれは>>
忍者ブログ[PR]