忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 06:28 |
とりとめのない
子供の頃はけっこうね
人の気持ちも考えねーでバカやって
たまーにおまわりさんに捕まってめんどうかけて
親にも迷惑と心配かけて

でも、そんな意識もなく。

バカやってるつもりも、めんどうかけてるつもりも
親に迷惑も心配もかけてるつもりもなく。

どっからなのかね?
ちゃんとしようと思い仕事をはじめ
うまれて初めて知らねー人から怒られ、ほめられ、感謝され
だんだん仕事がおもしろくなってきて


あの頃の自分みてーな子供に説教をするようになり(笑

自分じゃ何も変わってねーつもりなんだけど
やっぱり何かが変わったからこそ
あれだけイヤだった仕事がおもしろかったり、説教したり。


何がソイツを変えてくんだろうねー?



っと、おれが思うのは

変えてくれるのはきっと
自分の意識ひとつだったり、それを感じてくれたお客さんだったりすんのかな?

っと、そんな風に思うかなーーー

どんな仕事でもお客さんが存在しない仕事ってのは無いワケで。



前にもここで1回だけ書いたけど




大工見習いのA君
最近やっと床はりの仕事やらせてもらえるようになりました。

そりゃもう!一生懸命に仕事してます!
だって親方に認めてもらいたいんだもん!
いつか親方の右腕として立派な大工になりたいから。

絶対に手は抜きません!



一方同じく大工見習いのB君
最近やっと床はりの仕事やらせてもらえるようになりました。

そりゃもう!一生懸命に仕事してます!
だってこの床きれいにはった時の施主様の嬉しそうな顔が目に浮かぶから!
施主様の子供たちが、楽しそうにこの床で遊んでる姿が目に浮かぶから。

絶対に手は抜きません!



A君とB君、どっちも正しいと思いんす。
ふたりとも将来、立派な大工さんになるでしょう☆



おれはね、個人的には
B君のワークスタイルの方が好きでやんす。

誰のためのこの作業なんだ?っつー話っす。

親方のためなのか?
まーそれも正しいとは思いんす。

でもおれは、施主様のための床はり作業じゃねーのか?
って思っちゃうんだよねーーー。



お客さんの顔が直接見えるこの仕事
やっぱりおもしれーかなー☆




っという、とりとめのないひとり言ーーーーー(笑

















小波や「公式だったり公式じゃなかったりするLINE」
ID「conamiya



















拍手[2回]

PR

2016/01/21 09:56 | Comments(0) | ひとりごと

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<きょせい | HOME | いますか?>>
忍者ブログ[PR]